実は、もういっこ…。

実はもういっこ、メッセージをもらってまして…。

第2子です。

ママ友がふたりめを妊娠していく姿を見ていても、ふたりめがほしいと思わなかったわたし。
だって大変だもんねーーー。
特にうちはにゃんこさんもいるし、特にダイがホント大変で、ストレスで毎晩毎晩吐いて吐きまくったもんだから、マメを産んだことも後悔したことあった。
それにマメを産んだとき、わたし自分がどうやって産まれたか思い出したのです。
けっしていい出産とはいえなかった。
そして生まれてからも。
マメを育てていくと同時に自分のトラウマ、ネガティブも浄化しないといけなくって、
すごく大変でした。
だからふたりめ、というのもすごく抵抗があって、1ヶ月ぐらいひとりでずっと悩んで、
でもこーゆーのはふたりの問題だしな、とトウチャンにポロッと「もうひとり、産まれたい子供がいるんやって…」というと、速攻「やめとこう」。
それでわたしもホッとしたわけです。
ダイがまた大変になるし。
お金もかかるし。
でも次の日の朝、トウチャンが「やっぱいいんちゃう?」って言ったときは耳を疑った。
で、なんとなくふたりめモードになったわけです。
ダイのことは心配だったけど、ダイのストレスはわたしのストレスとリンクしてるのがわかってたから、わたしさえストレスを感じなかったらだいじょうぶかな、なんて…。
(でも育児でストレスを感じないなんてこと、ないだろーけど)

で、それからです。
長かったのは。
産まれたいならさっさと懐妊せんかッ!!
と何回思ったか。
マメはすぐ懐妊したので、こんなに難しいことだとは思ってもみなかった。
世の中にはなかなか子供ができないひとがいて、その人たちの大変さがよーっくわかった。
わたしの妹も3年がんばったそうで、ホント毎月毎月大変だっただろうと思う。
そしてまわりの人たちの冷たさよ。
うちの母なんて「あ、そう」の一言だしさー体験してみないとなかなか親身になってくれないんだよね(体験しても親身になれないひともいるが)
わたしももういいや、と思った。
だってさー、もう別に現世で産まなくても来世で産めばいいや、とか思ってさー。
わたしも若くないしさー。

ところがそうこうしてると妊娠しました。
9月に出産予定。
すでにつわりの真っ只中(-"-;)
あだなは≪めめた≫ちゃんです。
マメタ共々、どーぞ、よろしくお願いします(o*。_。)oペコッ
[PR]
by miaowkees | 2009-01-23 12:44 | 私のこと


ダイ、紋、蓮、キョンの4にゃんと、人間の子供マメタ、めめたと共に山の中で暮らしてます。あ、ダンナとダンナの両親とおシマという名の猫もいた。


by miaowkees

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
猫のこと
AC
私のこと
子供
その他

フォロー中のブログ

みみブロ
猫と一緒に

*マイニチネコビヨリ*

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧